投稿日 2017年2月12日21:51

女子高生の援交です。

私は、女子高生の援交の動画を見て感激しました。
私は指マンで押したりしながら愛撫したのです。
つまり女子高生と援交したくて声をかけたのです。
私はsexはした後に体が火照ったのか、少し汗をかいていました。
私は何故かクンニを要求をされても拒否することが出来なかったのです。

私は、女子高生と援交をして快感に包まれました。

私は、部屋を少し暗くしたが、十分に体のラインは確認出来ました。
つまりこの無料の画像を見ることに耽ることで、やり過ごさなければならないのです。
ザーメンを全部飲み干してもらえるかもしれません。
今回のも、よくしてくれたと思いました。
私は、女子高生の援交の動画を見て素直に感じてしまいました。
つまり付き合った人以外と関係を持つのは初めてだった。
一緒にお風呂にはいり体を洗ってくれました。
最初は手足を、次に胸や背中を拭いてもらったのです。
全裸になってシャワー室に入室してきた。
その中には、パイズリがすごく上手かったのです。
全然下手なのに当ってしまうこともあるのです。
やはり人がやっているようなことは中々できないのだと思い知らされました。
身長は160cmくらいで、多分おっぱいはEカップくらいでした。
セーラー服のミニスカートは膝上20センチくらいだったはずです。
援交をすることでしか感じられない私は病んでいるのかもしれません。
そして、思っていた以上に、それは恥ずかしい格好だったのです。
なんと、お尻を後ろに突き出してました。
自分から膣を左右に開いて生で挿入するように求めたのです。
最初は、さすがに16歳でエッチするような娘は違うなと思いました。
あまりに女子高と援交するのが気持ちよかったのです。
余りにも気持ちよくなってきて、そのまましてしまったのです。
私が果てた後も、約一時間の間、ずっとペニスを刺激され続けたのです。
顔射しようかと思ったのですが、何も出ず終わってしまったのです。
またするため2日後に再び会うことにしました。
なかなか可愛い顔の女子高生と援交して正直、私はラッキーだと思いました。
私が着替えようとすると、無言のまま抱きよせようとします。
その日の内に部屋に泊まっている部屋でエッチする事になったのです。
私は、モザ無しを見て気分が良くなるわけです。
腰がくびれていて、体が締まっていたのです。
思いのほか、良い体していて、くびれとかがちゃんとありました。
胸はDカップぐらいだったはずです。
ハメ撮りするのが無理と思うのなら別れた方が今後のためでしょう。
私は、女子高生と援交したくて気持ちが抑えられなくなったのです。
そして、半勃起しているところを洗われました。
また吸われている間は目を閉じていました。
ラブホに入って一応やろうってことになって、私は仰向けに寝たのです。
キスはしてこなかったけど、パイズリはさすがに上手かったのです。
sexは中の上ぐらいのテクだたけどそれで十分でした。
ちょっと前に援交した時には、終わったらすぐに寝てしまいました。
相手に身をまかして、しばらくしてから起き上ることが出来なかったのです。
おっぱい揉んだりしてたら、なんとなく感じているみたいでした。
マンスジに手を伸ばしたら、なぜか体を反らすのです。
当然、向こうが嫌がるので、無理やりに鼻をつまみました。
私は女子高生の援交の動画を見て初めて感じることができました。
そして、口を開けさせてザーメンを飲ませるつもりでした。
最初から、クリなどの性感帯を刺激するつもりだったのです。
快感を与えてやれば喜んで、何でも受け入れるようになるはずです。
私が気にする必要は何も無く、ただ思いっきり触ればいいだけです。
もし無料の画像が見れないとしたら、今までのやり方を変えるだけです。
私が望んでいたのは個人撮影することだったのです。
マンスジを舐めることができると決まったわけではありません。
恥丘がもっこりしているので感じてしまいました。
今は、とにかく落ち着くことにしました。
私は、女子高生の援交の動画を見て急に性欲が湧いたのです。
相手は上手く、隠せていると思っているようですが、手の隙間から見えていました。
もちろん、ある程度、経験があって余裕があるなら自分から誘うのも悪くありません。
でも、私は恥ずかしがりやなのです。
本人を目の前にすると焦ってしまい話を忘れてしまいます。
まだイッたことはないけど、やる気になってくれたことが嬉しかったのです。
そして、続けてパイパンを舐めていたら突然に痛がり始めたのです。
どうやら刺激しすぎて感じてしまったみたいです。
私にしてみれば、膣を舐めることが喜びなんです。
ここまで刺激されると潮吹きしてしまします。
ある日、思い切って女子高生の援交の動画を見ることにしたのです。
急にモロ見えにしようとしたので、何かあったのか心配になりました。
フェラをさせる気なんだということが分かり、表情が暗くなりました。
時間も無かったので、さっそくゴムをつけて始めたのです。
私にとっては、ちょうどいい良い締り具合で、とても気持ちが良かったのです。
入口は普通でしたが、膣の中で締め付ける感じが素晴らしかったのです。
しかも、子宮にぶつかるのが伝わってくるのです。
相手は、私がキスした瞬間、一気に吹っ切れたみたいでした。
私に抱き付いてきて激しいディープキスしてきたのです。
私は、援交していると知ってしまった日から見る目が変わりました。
この変わりように私も興奮したのです。
相手が15歳であることも忘れてキスしまくってました。
Dカップくらいの大きさがあり、なおかつ張りもありました。
私は、巨乳を鷲掴みにして、舐めたのです。
ザーメン中出ししている間も俺に抱き付いてきてた。
16歳なのに巨乳だと思ったのです。
おっぱいを揉まれて、感じてしまいシーツまで濡らしてしまったのです。
私が3Pした時の話です。
歳は3つ下で、17歳でした。
顔はまあまあで恐らく援交するのは初めてみたいです。
家が隣だったから、幼い頃は一緒に遊んでいたのです。
一人っ子だったせいで、いつも裏を見てました。
流出させたのは、おそらく今回が初めてではありません。
性格は我がままだったので、もっぱらセックスするためだけの関係でした。
いつも自然な感じでベットに誘い込んでエッチしてもらったのです。
いつも、無料の画像を見てやりたくなった時は
私は、裏を見て頭の中が真っ白になってしまいました。
そして、女子高生が援交したことを仕方のないこととして許すことにしたのです。
また、夏だったからから妹は薄着でした。
キャミソールみたいなのを1枚だけ羽織ったままでした。
面と向って座ってたから、前屈みになりました。
私は、おっぱいの谷間が気になって仕方がなかったのです。
少し後になって分かったのですが、けっこうな巨乳だったのです。
体はスレンダーだったから余計大きく見えました。。
私は、身を乗り出して裏を見ました。
それが刺激的でエロい妄想で頭がいっぱいになったのです。
さすがに援交していたとは予想していなかったようです。
JKが薄着でいたので目が釘付けになりました。
もしも、流出したとしてもいいと思いました。
丸見えにしたおかげで勃起してたことに、たぶん気付かれたのでしょう。
何度も、中出しをしていたけど、飽きることはありません。
私は、裏を見れたことが無性に嬉しかったのです。
その日は妹もまだ帰ってきてなかったのです。
何度目かのツイッターで初めて返事かありました。
前に援交した時とは、まったく違ってました。
まんこを見ていたので、多分3分ももたなかったのです。
あっというまに精子を出してしまいました。
出そうになった時に、慌ててティッシュで押さえました。
まるで自分から流出させたみたいに思われてました。
私は裸にされたことで、居たたまれない気持ちになりました。
その後二人きりでシックスナインをしました。
そのおかげで良い時間を過ごせることができるのです。
私は、無修正のDVDを見ているだけで満足でした。
白いパンツにしみが付いてました。
私は、人差し指でクリを触ったのです。
私は援交できる相手がみつからず愚痴をこぼしてました。
そして声が少し荒くなってきたので調子に乗って、噛んだのです。
多分激しくしたので感て潮吹きしてしまったのです。
見知らぬ人に肌を剥き出しにされて、おっぱいを揉まれました。
そのうち乳首が硬く勃起しました。
それから、お尻に手を回して撫でまわしたのです。
それから激しく舌で舐めまくったので、その時に果てました。
エッチするのが初めてだった当時の私は何も分からなかったのです。
私が生挿入しようとしたら逃げました。
それから、急いでパンツをはいてセーラー服を着ました。
女子高生と援交したことで私は変わったのです。
今まで抱かれる前には、かならずフェラをしてました。
それから何度も出会い系の掲示板を利用してました。
まんこを見て中がどうなっているのか知ったのです。
でも処女だったから、ザーメン中出しをしたりはしなかったのです。
いつの間にか、流出させることを楽しめる気持ちになったのです。
年上の人って、こんなにエロいのかと思いました。
私は、クリトリスを舐められ感じてしまいそうです。
携帯も持ってなかったので出会いをする事も無くなったのです。
私は女子高生の援交の動画を見て、きっと幸せな時間が過せるはずです。
私は裏を見て、盛り上がってしまいました。
その日は久しぶりに無修正のDVDを見る時間があったのです。
私は、無料の画像を見ることができない自分と比べてました。
やらしてくれる恋人がいる分、余裕があるのです。
最初に声をかける時は気を使ってくださいね。
つまり、援交をしすぎたおかげで誰とでも寝られるようになったのです。
疲れてやる気が無くなってしまったのかもしれません。
個人撮影をしたかったので一人残らず出て行ってもらいました。
成熟した体に興味が持てなくなっていたのです。
最近はモザイク無しを見ても起たなくなっていあたのです。
私は16歳になったら会いに行きます。
私がエッチなことをしても、まったく感じていないみたいです。
何をしても文句を言わないのです。
このままハメ撮りしてしまおうと考えました。
そうなれば隙も与えず、割れ目を触ります。
18歳になるまで経験は2人くらいでした。
自分から誘うか、または、こちらが望まなくても近付いて来ました。
慣れてくると巨乳を見ても平気になるのです。
そして、援交をし始めた頃から態度が変わったのです。
つまり処女喪失させようと考えていたのです。
ラブホにいるところを自撮りしました。
理由は一人になった時にも自慰するためです。
パイズリをしてもらって、いい雰囲気になったのです。
抱いていいか聞いてから、しばらく様子を見ます。
もし、パンツを脱いだら、とても喜んでくれるはずです。
きっとLINEのアプリを利用しているのでしょう。
いつかは、援交をしたい想いを持ちながら過ごしています。
私は裏を見たことで異常に興奮したのです。
これかはもう苦労することは無いでしょう。
私の気持ちが分かれば、モロ見えにしてくれるはずです。
お互い、性欲の処理という感じでセックスをしてました。
たまに出会いを望む友達を紹介してくれることもありました。
私は、無修正のDVDを見て、あまりの衝撃に黙りこんでしまったのです。
冷静に考えて、おそらく裸にするのは難しいはずです。
弾力のある、お尻を揉んで悦に入っていたのです。
私は、なるべく時間をかけて、女子高生援交の動画を見ていました。